【トークイベントのお知らせ】齋藤桂太(渋家)×大西連(NPOもやい)トークセッション「アートとNPOから考える『稼げない人のためのセーフティネット』の作り方」(2/27 19時 コーバ・ロイヤルアネックス)

格差が広がり「フツー」に生きていくための金銭を稼ぐことも難しい人が増える一方、社会はある一定の方向には確実に自由度が増しているようにも見えます。
コミュニケーション能力を奇貨としたこの「自由」のただ中で、迷わぬようふるまうことはとても難しい。
そんな社会の中で、なんとか「フツー」に「楽しく」生きていく方法を考えたい。

今回お招きするのは、渋谷でアートとシェアハウスを織り交ぜながら起業されている「渋家」代表の美術家・齋藤桂太さん。
そして、20代でホームレス問題と出会い現在は「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」を率いる活動家・大西連さん。

実は共に麻布高校の同級生で、共にその正規ルートからドロップアウトしつつ、かたや「アートとシェアハウス」・かたや「ホームレス支援とNPO」と、畑は違えど共に独特のキャリアを歩んでこられたおふたり。
やりたいことを仕事にしつつ、一風変わったコミュニティを周囲に作っているご両名に、それぞれのキャリアデザインを通じての『稼げない人のためのセーフティネット』の作り方を伝授していただきます。

”生きる”を支える人を応援するニュースサイト「マチバリー」が、「今」話を聞きたい人をリアルにお招きする初イベントです!
新時代の「セーフティネット」の最先端をひた走る、おふたりの応酬をお楽しみ下さい!

日時

2016年2月27日(土曜日)

開場・受付開始:19時
トークセッション開始:19時30分
終了:21時(予定)

場所

豊島区東池袋2丁目6−2
co-ba ROYAL ANNEX(コーバ・ロイヤルアネックス)
http://ra.maison-aoki.jp/co-ba/

JR大塚駅南口より徒歩6分
丸の内線新大塚駅より徒歩8分
有楽町線東池袋駅7番出口より徒歩9分
「都電テーブル」奥
※自転車でお越しの方は駐輪場ございます

料金

●A【イベントチケット】:1000円(1ドリンクつき)
●B【チャリティーチケット】:2000円(イベントチケット+つくろい東京ファンドクリアファイル&缶バッジセット)
●C【ゲストサイン本セット】:3700円(イベントチケット+つくろい東京ファンドクリアファイル&缶バッジ+大西連『すぐそばにある貧困』著者サイン入り単行本)

※チケットのセット品は、当日会場に来た時に受付でお渡しいたします。
※イベントの収益は、都内近郊で住まいを失った方への支援&さまざまな団体を情報発信でサポートする「つくろい東京ファンド」の活動に、大切に使わせていただきます。

申し込み・お支払い・キャンセル方法

●申し込み方法1:フォームよりお申し込み
下記URLからのメールフォームから必要事項をご入力下さい。
https://goo.gl/asDXxO

●申し込み方法2:メールよりお申し込み
お申し込みメールアドレス:info@machibarry.jp
メールタイトルを【0227イベント申込】とし、
本文に
1、「チケットの種類」(※明示ない場合は【イベントチケット】となります)
2、「チケット枚数」(※明示ない場合は1枚となります)
3、「今後もつくろい東京ファンドからのイベント情報をメールにてご案内してよろしいですか?」(※「はい」か「いいえ」か。明示ない場合は「いいえ」となります)

上記をご記入の上、送信下さい。

お申し込みいただいた方へは、追って事務局より確認メールを送信させていただきます。(恐れ入りますが数日のお時間をいただきます)

●お支払い方法
お申し込みの上、当日会場受付にてお支払い下さい。
チケットのセット品は、その時にお渡しいたします。

●キャンセル方法
申込後のキャンセルにつきましては info@machibarry.jp より「キャンセル」の旨と「お名前」をお送り下さい。追って事務局より確認メールを送信させていただきます。

●当日券について
定員に達し次第、販売締め切りとなります。定員に達しない場合のみ、当日券を発行します。

定員

50名

ゲストプロフィール

●齋藤桂太

saitokeita
1987年、東京都生まれ。高卒。アーティスト、キュレーター、株式会社渋家取締役。 2008年、現代美術作品として家を借りるプロジェクト「渋家」を制作。 その後、渋家名義にて『渋家トリエンナーレ(渋家/東京/2010)』、『House 100(The Container/代官 山/2012)』、 『After Nuclear Family(TRANS ARTS TOKYO/神田/2012)』、『Owner Change(Art Fair Tokyo/ 東京国際フォーラム/2013)』などを行う。 2011年、劇作家・岸井大輔と出会い『東京の条件』に参加。戯曲集『戯曲|東京の条件(東京文化発信 プロジェクト/2013)』を編集。 2013年、『六本木クロッシング(森美術館)』、『ニッポンのジレンマ-新TOKYO論-(NHK)』などにアー ティストとして出演。 2014年、演出家・篠田千明に誘われ演劇活動を開始。『機劇 ~「記述」されたものから出来事をおこ す~(森下スタジオ/2014)』出演、『非劇(吉祥寺シアター/2015)』作。 また、1990年生まれ前後の批評家を集めた冊子「アーギュメンツ」の企画・編集を行っている。

●大西連

onishiren
1987年、東京都生まれ。認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長。新宿ごはんプラス共同代表、たすけあいネット共済事務局長、東京いのちの電話理事など、その他いくつかの非営利団体に参加。
ホームレス状態の方、生活困窮された方への相談支援に携わっている。また、生活保護や社会保障削減などの問題について、現場からの声を発信したり、政策提言をおこなっている。
公式サイト:http://ohnishiren.net/
Yahoo!個人:http://bylines.news.yahoo.co.jp/ohnishiren/
SYNODOS:http://synodos.jp/authorcategory/onhshiren
など、その他webでの不定期連載等も多数。

つくろい東京ファンドとは?

「東京のセーフティネットを修繕する」を合い言葉に、都内近郊の生活困窮者と、そこに関わる支援者・支援団体へさまざまなサポートをおこなうために結成されました。
主なプロジェクトとして
・さまざまな事情で住まいを失った方に対してシェルターを提供し、生活を立て直すために他団体とネットワーク体制を築いた上での相談支援
・広い意味で支援活動に関わる個人や団体にスポットをあて、その情報発信をサポートするニュースサイト「マチバリー “生きる”を支える人を応援するメディア」の運営
をおこなっています。

注意事項

●自転車でお越しの方のための駐輪場スペースには限りがございます。万が一満車の場合はご容赦下さい。
●会場にはクロークの設備がございません。お手数ですがお荷物は各自お持ちいただけますようお願い申し上げます。

主催・お問い合わせ

●つくろい東京ファンド http://www.tsukuroi.tokyo
●マチバリー〜”生きる”を支える人を応援するメディア http://machibarry.jp
●本イベントFacebookページ https://www.facebook.com/events/239313576400623/
●イベントに関するお問い合わせ メール:info@machibarry.jp 電話:080-5004-0463 (佐々木)

●イベントコーディネート:森脇大志

ABOUTこの記事をかいた人

大志郎

札幌出身・東京在住。「マチバリー」管理人。つくろい東京ファンド広報。認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 広報。広い意味で支援に関わる様々な方のお話をうかがって撮ったり書いたり。あなたのお話も聞かせて下さい。 個人ブログ→だいしろぐ Twitter→@dai46u