マチバリーは「アフターケア相談所ゆずりは」のクラウドファンディングを支援しています!

「マチバリー ~”生きる”を支える人を応援するメディア~」では、広い意味で支援に関わる団体が、ウェブ上のサービス利用や発信についてお困りの時、ご相談を受け必要な支援をおこなっています

そしてこのたび、児童養護施設などからいったん社会に出ても困難を抱え続ける子どもたちに対し、アフターケアをおこなっている団体「アフターケア相談所ゆずりは」様のクラウドファンディングをマチバリーとして支援することになりました!

老朽化に伴う移転、同時に新たな仕事と居場所を作り出す工房を作りたいというクラウドファンディング「児童養護施設等退所者の方の働くことを支援する工房を開設したい」https://readyfor.jp/projects/yuzurihakoubou )が「READYFOR?」にて本日(10月30日)よりスタート。

yuzuriha0102

この度、その相談所が老朽化により取り壊され、新天地に移るにあたり、ジャム作りなどが出来る工房をかまえ、新しい就労支援の形を実現したいと考えました。ゆずりはスタッフのサポートのもと、生活保護や精神科等の通院を必要とする方など、一般就労にはまだ困難を抱えている方々に、緩やかに働くことが出来る場を提供していきます。
●「児童養護施設等退所者の方の働くことを支援する工房を開設したい」READYFORプロジェクトページより

この日まで「マチバリー」では、クラウドファンディング公開に向け「ゆずりは」様と「READYFOR?」様との間でミーティングを行い、アドバイスやサポートをおこなってきました。

yuzuriha02

「アフターケア相談所ゆずりは」工房担当の松下さん(左)と「READYFOR?」キュレーターの田才さん(右)

そして公開後は、ファンディング成功まで、ゆずりは様の今回のプロジェクトに関して定期的なウェブ発信をサポートしていきます!

「セーフティーネットを家族に背負わせる社会を変えたい」:社会的養護から巣立った子ども達を支える「アフターケア相談所ゆずりは」の挑戦

2015.10.31

どうか「児童養護施設等退所者の方の働くことを支援する工房を開設したい」へのご支援&応援よろしくお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

大志郎

札幌出身・東京在住。「マチバリー」管理人。つくろい東京ファンド広報。認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 広報。広い意味で支援に関わる様々な方のお話をうかがって撮ったり書いたり。あなたのお話も聞かせて下さい。 個人ブログ→だいしろぐ Twitter→@dai46u