【前半】「私が新宿ダンボール村に足を踏み入れた頃」講演:稲葉剛さん(ほっとプラス記念講演 生活困窮者支援の過去と未来)

2015年6月21日にNPOほっとプラス総会後に開催された記念講演「生活困窮者支援の過去と未来」の模様を動画でお送りします。
まず前半は稲葉剛さん(認定NPO法人自立生活サポートセンターもやい理事・立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科准教授)が、20年以上の自身の活動キャリアを通じて語る、生活困窮者支援の「過去」。

[voice icon=”http://machibarry.jp/wp-content/uploads/2015/07/pictogram.jpg” name=”稲葉剛” type=”l”]「このタイトルで(ほっとプラスの藤田孝典さんから)依頼が来た時、『お前は過去だ、俺が未来だ』という藤田さんの意図を感じまして(笑)。今日は藤田さんの引き立て役ということでお話をしたいと思います(笑)」[/voice]

関連記事のIDを正しく入力してください